「JR只見線で行く玉梨温泉」(福島県) - 心に残る温泉やグルメの旅(文と写真:井上晴雄)

昔ながらの車両や木造の駅舎・・古きよき時代の郷愁誘うローカル線・・。そこには夢とロマンがあります
スポンサーリンク

ローカル線にふらりと乗り途中下車して思いがけない美しい風景や文化を味わうのも旅の醍醐味・・

「JR只見線で行く玉梨温泉」(福島県)

「JR只見線で行く 玉梨温泉(福島県)」


福島県の新潟県を結ぶJR只見線は、秘境ルートで知られる路線だ。春は新緑、秋は錦色に染まる山々。そこに、エメラルドグリーンのダム湖や、赤い鉄橋が華を添える。それ以外に、この福島県を走るJR只見線の沿線の魅力といえば、山ひだに点在している温泉だろう。交通が不便な山あいの里なだけに、人知れない秘湯があるのも特徴だ。
JR只見線の列車(福島県).jpg

  

雪が静かに舞い散る冬の日、福島県の会津若松から新潟方面に60kmほど入ったところに、玉梨温泉という風情のある温泉が湧いていると聞き、訪れてみることにした。JR会津若松駅から、JR只見線の三両編成のディーゼルカーに乗り込んだ。


福島県の会津盆地.jpg

雪の会津盆地(福島県 JR只見線).jpg

 JR只見線の列車は、ガタンゴトンと軽やかに線路を軋みませながら、なだらかな会津盆地を割っていく。JR只見線の窓外には、うっすらと雪化粧をした田畑と、残雪の山並み。塔寺駅を過ぎた辺りから、勾配が上がりはじめ、雪深くなった。トンネルを抜けると、エメラルドグリーンの阿賀野川が眼下に流れているのが見えた。河岸には、大きな岩がゴロゴロと横たわっていて、日差しを受けて、まるで宝石のように輝いている。雪をかぶった竹やぶ、ヒノキの雑木林、そこに時折、山茶花の花が、鮮やかな彩を添えている。
JR只見線の車窓風景.jpg



福島県の金山町に入ると、小さな民家が、肩を寄せ合うように、山の斜面にしがみついていた。JR只見線 郷土駅付近から、窓外にはダム湖が広がりはじめた。鏡のような湖面に、山々と集落が映し出されている。あまりの美しさに息を呑んだ。

JR只見線 川口駅 058.jpg

JR只見線 会津若松駅を出発して2時間ほど経ち、JR只見線 会津川口駅で列車を降りた。ちいさな村が雪のなかに埋もれていた。朝から吹雪いたそうで、随分冷え込んでいる。駅周辺を散策していると、ちょうど玉梨温泉方面に行くバスがやってきた。私以外には地元のおばあさんが2人乗り込み、ひ孫が来たとか、犬がどうしたとか話している。タイヤにチェーンを巻いたバスは、ザクザクと走行音を立てて雪坂道を上っていく。小栗山温泉の集落を過ぎると、民家らしきものはほとんどなくなり、四方は山々に囲まれた。阿賀野川の支流にあたる野尻川が白く速く流れているのが眼下に見える。バスは道をくねりながら峠を上がっていった。

JR只見線からバス 008.jpg

 玉梨温泉バス停で降りると、そこはまるで墨絵で描いたような谷あいの里だった。野尻川に架かる赤い橋を渡ると、玉梨・八町温泉の集落に入った。人っ子ひとりいない、ひっそりと静まりかえる町並みが、次第に、闇と調和していく。川の上流に向かってほどなく行くと、旅館玉梨の看板が見えた。河畔に立つ、閑静なたたづまいの宿だ。

旅館玉梨(福島県 玉梨温泉).jpg


旅館玉梨(福島県 玉梨温泉)露天風呂.jpg


旅館玉梨(福島県 玉梨温泉)内風呂

 扉を開けると、薄暗い奥から、親切そうな旅館の主人が、顔をのぞかせた。「よう来られましたな。ここの温泉は体が温まるべ」。温泉は、別棟にあるとのこと。廊下を通って一番南側にあるのが石造りの内風呂。その奥に、旅館玉梨(福島県 玉梨温泉)自慢の、岩で組まれた露天風呂があった。岩の間から、45.2℃の源泉が絶え間なく湧き出し、
広々とした湯船に、満ち溢れていた。温泉(福島県 玉梨温泉)は、茶褐色の炭酸泉で痛風や神経痛など、さまざまな効用があるといわれている。
 ボタン雪が天空から静かに舞い落ちてきた。湯に落ちると、さっと溶け消えていった。それを見ながらあたたかい湯に浸かっているうちに、旅の疲れもいつしか、消え去っていた。

福島県 玉梨温泉を流れる野尻川21 022.jpg

  東京や大阪など大都市からすると、玉梨温泉のような辺境の地は、不便で退屈な土地に映るかもしれない。鉄道やバスは一日に数本しか運行していないし、これといった娯楽施設もない。でも、その「何もない」ところに、何ともいえない趣を感じた。列車が来るまで、待合室で隣り合わせた人と会話を楽しんだりするのも、この不便さがあってこそではないだろうか。近年、都会では、人々は心が枯渇ししているといわれる。「何か足りない」そこに、人々の絆を取り戻すヒントがあるのかもしれない、とふと思った。

福島県の玉梨温泉を流れる野尻川1 015.jpg

JR只見線 054.jpg

 湯上がり、宿の外に出てみた。野尻川の瀬音が、軽やかに玉梨温泉の渓谷に響いている。暗闇のなかに、対岸の温泉宿だろうか、橙色の街灯の明かりが灯っていた。湯煙が幻想的に浮き立ち、粉雪をやさしく照らしていた。

JR只見線の線路.jpg


<旅館玉梨 データ>
住所 福島県大沼郡金山町大字玉梨字新板2044-1
TEL0241-54-2212
JR只見線 会津川口駅から10分玉梨八町温泉5分
宿泊:1泊2食9600円〜
チェックイン  15:00チェックアウト 10:00
鉄筋・鉄骨 2階建て 開業:1974.05  新築:1974.
日帰り入浴大人500円 (10:00〜17:00)





日本はうつくしい風景、歴史、グルメほかさまざまな魅力にあふれています

スポンサーリンク

紅葉、桜、温泉、和食・・日本の旅には、さまざまなハイライトがある。巡る四季のなかで光と色が躍動し豊かな自然景観と重なって心地よい風情をつくりだす。そんな日本の旅の魅力を再発見していきたいと思う。

井上晴雄 絵画作品集

井上晴雄 絵画を鑑賞できる「カフェテリア アイハウス」
2009-01-07 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク

四季折々の豊かな自然に囲まれた日本。春は桜や新緑、夏は緑に紺碧の空、秋は紅葉、冬は雪景色・・旅先には、その季節に応じた風情や景観美があることでしょう。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 心に残る温泉やグルメの旅(文と写真:井上晴雄) All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。