■瀬戸内海を見渡せる温泉宿「権現山荘」(愛媛県 松山市 権現温泉) - 心に残る温泉やグルメの旅(文と写真:井上晴雄)

昔ながらの車両や木造の駅舎・・古きよき時代の郷愁誘うローカル線・・。そこには夢とロマンがあります
スポンサーリンク

ローカル線にふらりと乗り途中下車して思いがけない美しい風景や文化を味わうのも旅の醍醐味・・

■瀬戸内海を見渡せる温泉宿「権現山荘」(愛媛県 松山市 権現温泉)



(第3回/愛媛県)瀬戸内海が見える温泉宿、権現山荘

(地図を開く)愛媛県松山市権現町

■西の青空が次第に茜がかってきた。サクラの木々の隙間から、眼下の町並みが広がり、そ権現(夕暮れ)の先に、 瀬戸内海 が淡く浮かび上がっていた。 
 

■松山平野の北東端、権現川に沿ったのどかな山あいに、 権現温泉という小さな温泉郷がある。地元の人々が大正正時代から親しんできた 湯治場 で、現在では4件の温泉旅館がこじんまりと営業を営んでいる。



■ 今治駅(愛媛県 今治市)からは 松山行きの鈍行に乗った。2両編成のJR予讃本線のディーゼルカーは、賑やかな学生たちを乗せて明るい田んぼや麦畑を割って走る。1
2駅目のJR予讃本線の堀江駅で降りると、無人駅の待合室には初夏の光が差し込んでいた。予約を入れた権現山荘(愛媛県 権現温泉)に電話をした。10分ほどすると一台の乗用車が入ってきて、快活そうな権現山荘(愛媛県 権現温泉)の若旦那さんが出てきて白い歯を見せた。権現山荘の車は甘酸っぱい香りのするミカン畑やのどかな田園を風景を車窓に映して走る。小さな集落をすぎ、くねくねした道を登りきると入り口に「権現山荘」と書かれたかわいい建物が現れた。 


権現(外観)
■権現山荘(愛媛県 権現温泉)は昭和
38年築で懐かしい感じがするたたずまいだった。床の間には、書の掛け軸や季節の生花が部屋の基調を整えている。大きく切り取られた窓に進むと、柔らかな光が差し込んでいた。カーテンを開けると、木々の隙間から眼下の町並みが視界に広がっていた。遥かには輝く瀬戸内海。沖には小さな船影がゆっくりと行きかっていた。目をつぶると木立の風がそよぎ、ウグイス、メジロなどの野鳥の声が聞こえてきた。それぞれの音が柔らかい陽だまりのなかに軽やかに弾み、茜色に染まった空の中に吸い込まれていく。まるで、小さいときに聴いた子守唄のような心地よさ。 


■しばらくすると部屋の戸がノックされ、権現山荘(愛媛県 権現温泉)の女将さんが料理を運んでくれた。「さぞかしお疲れでしょう。ゆっくりとお召し上がりください。」膳には瀬戸内海の旬の食材をメインに彩りよく盛りつけられていた。鯛の刺身、霜降り和牛のバター焼き、メバルの煮付け、そのほか地元の山の幸。海の潮の香りや穏やかな山のやさしさが伝わる美味しい会席料理 だった。

 
■まちを染めた夕陽が落ちてから権現山荘の一階の温権現(風呂)泉へ下ると、素朴な大理石の権現(料理)浴槽に熱い透明の湯が揺れていた。 権現温泉の源泉 100%の温泉はアルカリ性が強く、ヌルヌルしていて、しばらく浸かっているだけで肌がつるつるになった。昭和9年、この肌にやさしい権現温泉の湯を歌人の吉井勇は「大伊予の友国の湯にひたりつつほのぼのとしてものをこそ思へ」と親しみを込めて詠んだそうだ。 


■湯上り、権現山荘(愛媛県 権現温泉)の外に散歩に出ると雲間に銀色の月が出ていた。カジカの声が澄んだ空気の中で胸に染みわたる。
いつしか都会の雑踏を忘れててゆったりした気分になっていた。権現山荘(愛媛県 権現温泉)の界隈は春は桜でピンク色になり、秋は息を呑むような錦色に染まる。そんな季節にもまた訪れてみたい。 
<こちらから権現山荘の宿泊予約をできます> 
 権現(列車)

<権現山荘>
 電話)0899790515

(住所)松山市権現町甲820

(宿泊料金)一泊二食付き8550円〜 
 (泉質) アルカリ性単純泉 

(効能)神経痛、皮膚病、関節痛など

(外来入浴)可(ひとり600円/1522時) 

(食事付き入浴)
2500円〜 

(交通)

JR堀江駅からタクシー5 

  ・松山ICより車35

(送迎)可(応相談)

P20


日本はうつくしい風景、歴史、グルメほかさまざまな魅力にあふれています

スポンサーリンク

紅葉、桜、温泉、和食・・日本の旅には、さまざまなハイライトがある。巡る四季のなかで光と色が躍動し豊かな自然景観と重なって心地よい風情をつくりだす。そんな日本の旅の魅力を再発見していきたいと思う。

井上晴雄 絵画作品集

井上晴雄 絵画を鑑賞できる「カフェテリア アイハウス」
2011-11-09 12:25 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

四季折々の豊かな自然に囲まれた日本。春は桜や新緑、夏は緑に紺碧の空、秋は紅葉、冬は雪景色・・旅先には、その季節に応じた風情や景観美があることでしょう。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 心に残る温泉やグルメの旅(文と写真:井上晴雄) All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。